整備を考えるうえで、慣らし運転は必要なのか 2013年3月24日

整備の前に慣らし運転は大事整備を考える時に、ピカピカの新車を買ったら何をしなければいけないかというと、最初は丁寧に運転することを心がけてください。いわゆる整備で言うところの「慣らし運転」というものです。
「いまどきのクルマにも慣らし運転なんて必要なんですか」という質問をされることもありますが、新車にとっては必要不可欠です。ぜひ実践してほしいと思っています。
精密に作られたものでも、機械製品はある程度使い込むまでスムーズに動かないものだからです。「エンジンの慴動面」という話を思い出していただければ、なんとなくイメージしてもらえるのではないでしょうか。
「慣らし運転」をきちんとやったクルマとそうでないクルマとでは、その後のクルマのもちが大きく違ってきます。
人間だって同じでしょう。何の準備運動もしないで、もしくは基礎体力づくりをしないで、いきなり全速力でひたすら走らされたら、体のあちこちが故障し始めるのは時間の問題です。慣らし運転は整備の前段階に心がけることなのです。

Categories: 自動車