サーマルプリンタの謎に迫る 2013年9月4日

sermal printer (8)サーマルプリンタについて色々と書きたいと思います。
サーマルプリンタの、サーマル型の商品は当初高温で発色する感熱紙に熱で文字を書くことができますが、長期保存には適しておらずで、時が経つとその文字は見えなくなってしまうものでした。
代わりに現れたものとして、サーマルプリンタとよばれるものです。
サーマルプリンタは固形インクを薄く添付してあるープ状のインクカートリッジ(インクリボン)に熱した印字ヘッドを押し付けることでインクを溶かし、紙に転写する印刷機のことを言います。
インクリボンが高価なため、コストが高くついてしまうのがデメリットとなります。
家庭用ではサーマルプリンタにかわりインクジェットプリンターが現在では主流ともなっています。
会社など、業務用で利用されているのはインクジェットプリンターではインクの詰まりなどによってカスレが多かったりすることもありサーマルが多いようです。
サーマルプリンタは工場や会社などではやはり重宝されているのですね。

Categories: ビジネス