車の修理を行う必要はあるのか 2013年1月19日

車修理車の修理にはお金が掛かる。車検にもお金が掛かる。つまり車など買わなければいい。レンタカーを借りるのに限る。そもそも、車は高すぎると思う。普段使う人ならともかく、月に一度しか使わないなら、絶対にレンタカーのほうが経済的かつ負担がかからない。さらに車の修理するとこにあたってこちらはずぶの素人なのだから、別に修理するべきでもないところも修理され余計に金が掛かる。だいたい車は安くて100万高くて1000万もするものだからそんなすぐ壊れてしまうのはおかしい。もちろん運転が下手な人は自分で傷をつけたりしてしまうことがあるが、そうでなければ車など基本的に壊れない。車の修理を安くするためには保険に入る必要がある。が、その保険も車がいつ故障するかなど解らないのだから、基本的に入っても相対的に損をしてしまうだろう。愛車の修理、車の修理、など馬鹿なことは言わず、すぐに車を売ってレンタカーに頼る生活にした方がいいのではないだろうか。

Categories: 自動車