太陽光発電が身近になったここと 2015年2月11日

太陽光発電地球環境に優しいことが望まれる時代になりました。
ecoというキーワードも家電製品で使われている物もあり、大きな市民権を得たと思います。
その中でも太陽光発電は、中心的な位置にあるのではないでしょうか。
国からの助成もありましたし、電力会社への余剰電力の販売等と、メリットはたくさん有ることも魅力です。
産業用として企業では、自社工場の広い敷地の中に太陽光パネルを設置してこといる所や、自治体でも取り組む所が増えてきています。
街の中を見るとコンビニやマンションの屋上に設置しているのもよく見る光景です。
それだけに太陽光発電が、ポピュラーになっているのでしょう。

面白いもので、個人で付けている所は節電という意味合いが強いのでしょうが、売電という目的で工事する人も少くないようです。
田舎の方では、農家が自分の畑を潰して太陽光パネルを付けています。
おそらくですが、土地を遊ばせておくより電力会社へ売電する方が得だという考え方かもしれません。
太陽光発電も、節電という目的から新たな利用価値に変化してきているのだとも解釈できるのではないでしょうか。
太陽光発電を取り入れることは、とても良いことです。
目的が何であれ、環境に優しいことは間違いないのですから。”

Categories: 不動産