数年に一度はお世話になる車の修理 2014年1月8日

車修理できることなら車の修理の必要がないに越したことがないのですが数年に一度は車の修理のお世話になる必要が生じてしまいます。忙しい朝にばたばたと出かけ、ガードレールに車をこすってしまったり勢いよくバックした時に限って低い塀が見えておらず後ろをぶつけてしまったりと車を購入してから8年目になるのですがもうすでに3回か4回は車の修理をお願いしています。

車の傷を見ているといったいいくらかかるのだろうとか何日くらいかかるのだろうと不安がこみ上げてきます。しかし、毎回修理が終わって感じることは思ったよりは安く直してもらえるということとや短い日数でもとどおりの姿になって帰ってくるという事です。車に傷があるとときはどことなく運転もどこか投げやりになってしまい、さらなる事故につながりそうな気がしてなりません。しかし、車の修理をしてきれいになった車に乗っていると、車を大事にする気持ちや安全運転をしなければという気持ちの再認識にもつながります。

Categories: 自動車