突然の建築設計事務所の人の来訪 2015年4月23日

建築設計事務所先日誰かがインターフォンを鳴らすので、出て見ると見慣れた建築設計事務所の人が立っていました。
どうしましたかと訪ねると、隣の夫の実家から電話があり、ガスコンロが調子が悪いので見てほしいと言われたというのです。
しかし誰もいないので、隣の私の家に来たそうなのです。
私はそんな話は全然聞いていなかったので、とりあえずその事務所の人と夫の実家へと行ってみました。

義理の祖父は耳が遠いので、きっとインターフォンの音が聞こえなかったんだろうと思い行くと、なんと誰もいません。
その時間に訪問することになっていたらしく、それなのに誰もいないなんてびっくりしてしまいました。

そのまま建築設計事務所の人を帰すわけにはいかないので、とりあえず私が相手をすることにしました。

事務所の人はガスコンロに火をつけたり写真を撮ったりしていろいろといじっていましたが、特に異常はなさそうだといいます。
私もよくわからないので、ひとまずその場に立ち会いましたが、異常がないとのことで事務所の人は帰りました。

あとで義理の祖母に伝えたところ、やっぱりガスコンロはおかしいというのです。留守にしていた理由はわかりなかったのですが。あとで聞いたところ、後日また専門の人に来てもらい直ったそうです。

Categories: 不動産