横浜のクラフトビール 2015年7月26日

craft-beer-16今やご当クラフトビールとして、クラフトビールはどの県や町にも存在します。
私が初めてクラフトビールを飲んだのは、母がよく利用している横浜の行きつけの酒屋さんで、いつも飲んでいるビールが無かったので、仕方なくクラフトビールを手にした事がきっかけでした。

その酒屋さん、おしゃれ酒屋さんという感じで、焼酎や日本酒にかなり力を入れているようで、全国各地のお酒をお店におしゃれに飾りつつ、ワインなんかも置いていて、そのはじっこにビールが置かれていました。
でも、ビールはスペースが小さいながらも、一般のアサヒビールやキリンビールなどは一切置いておらず、それこそクラフトビールだけしか置いてなかったのです。

クラフトビールは比較的値段が高めの設定ですから、あまり買えないなと思いながらも、普段飲めないような味を楽しもうと思い、2本ほど買ってみました。どちらも横浜のクラフトビールです。

家に帰ってから早速、渇いたのどを潤すために買って来たばかりのクラフトビールを母と一緒に飲みました。
ところが、普段は大量生産されて作られたビールを飲んでいますから、あまりの味の違いにびっくりしました。
味が濃いのと、ホップの香りがかなりするので、「ああ、これが本当のビールの味なんだろうな」と、感じました。

Categories: 食べ物