香辛料の利いた料理が特徴的なバル 2015年10月28日

bar116私がスペイン風の居酒屋であるバルを楽しみたいと考えたのは、香辛料の味が楽しめる料理を食べたいと考えたからです。香辛料の利いた料理は刺激的な味であるため、お酒との相性が抜群だと言えます。だからスペイン式の居酒屋の存在を知った私は、一度だけ味わってみたいと考えて冒険してみる事にしたのです。私は慎重な性格なので見知らぬお店へ入る事はほとんどありません。その方がリスクマネジメントに効果的だからです。しかしスペインの料理はほとんど食べた事が無いという事もあり、警戒心よりも好奇心が勝りました。その時の気まぐれが無かったら今でもスペイン式の居酒屋を知る事は無かったはずです。バルに初めて入った私が驚かされたのは、床にゴミが散らばっていた事だと言えます。不勉強だった私はゴミを散らかす習慣を知りませんでした。

綺麗好きの私はゴミのせいで楽しみを削がれた気分でしたが出てきた料理を口にした瞬間、不機嫌な気持ちが一気に吹き飛んだのです。一般的な居酒屋では絶対的に味わう事の出来ない味でした。特に油っぽさが無くてスパイシーな肉の煮込み料理の味は今でも忘れられません。もちろん出てきたお酒との相性もバッチリでした。いくつもの居酒屋を回った経験を持つ私ですが、スペイン料理とお酒で得られた満足度は上位に属しています.

Categories: 食べ物