作曲家には音響機器が命です 2016年9月7日

sound16私は作曲家をしています。まだまだ卵ですが、これでも曲を作る腕には自信があるのです。
自宅は防音部屋があって、私はそこで仕事をしているのです。長い時には一週間も外出することなく、閉じこもっているのです。仕事が好きなので、全然平気なのです。
もちろん音響機器も置いています。ないと仕事にならないのです。それが突然壊れました。三年前に買ったものなのに、もう壊れてしまったのです。とても驚きました。何もしていません。スイッチを入れたら動かなくなっていたのです。

ずっと毎日使っていたのに、突然動かなくなってとても困っているのです。もちろん修理には出しました。でも直るのには一週間もかかるのです。
音響機器は私の命でもあるのです。これがないと私は仕事もできません。何もできないのです。だから今の私はただの腑抜けになっています。仕事もできずに、ただじーっとしているだけしかできないのです。
私から仕事をとったら何もないのです。音響機器があるからこそ、私でいられたのです。今の私はただの空気のような存在になっています。
早く直って、また以前のように仕事をバリバリしたいのです。早く音響機器が戻ってきて、また以前の私らしく働きたいのです。

Categories: ビジネス