ビジネスフォンの上手な使い方とは。 2017年5月13日

image16私の会社では、ビジネスフォンを使っています。ほとんどの会社がビジネスフォンを利用していると思います。ビジネスフォンはとても便利な電話です。大きな会社などでは転送などで多く使用します。私も使用していてまずが、正直ミスも多いです。別の部署につなげてしまったり、保留を押したつもりが別のボタンを押したつもりが押し忘れて電話を切ってしまうなども多くあり取引先の人に嫌な感情を与えてしまうこともあります。

ビジネスフォンの操作ミスが多いのは入社したての社員となぜか管理職の人に多いのです。管理職にかかってくる電話などでは重要な案件であることも多くあり、それが途中で電話が切れてしまうと、電話を掛けた相手先は再度電話を架けなければいけません。短縮ボタンで登録している電話に架ける際の電話間違いもありました。忙しい時などはかなりの時間ロスになります。特にビジネスフォンが内蔵されたPHSなどは押すボタンが小さいのもありミスが多くありました。その結果、私たちの会社ではよりシンプルで簡単なビジネスフォンを使用することにしました。短縮で使用できる会社も本当に頻繁にかかってくる会社のみにしました。転送の際は必ず保留ボタンを押すと社員のデスクには必ず貼ってあります。ビジネスフォンは今の会社では必須アイテムです。皆が間違いなく使いやすいように私の会社では使用しています。

Categories: ビジネス