発泡スチロールの捨て方と利用方法 2017年8月18日

発泡スチロールは通販で商品を購入した際に、商品を包む役割として利用されていることがよくあります。
発泡スチロールは便利ですが溜まってしまうと要らないと感じてしまうことがあり、捨て方にも疑問を抱きます。
地域によっても異なりますが、プラスチックごみとして捨てることができます。

ごみとして出すのも良いですが、折角の発泡スチロールを利用して何か出来ないでしょうか。
発泡スチロールは水の上に浮く素材なので、子供がいる家庭の場合、お風呂場で遊ぶための道具にもなります。
そのまま使用すると衛生的にも悪いので一度洗ってから使用すると安心できます。
子供の夏休みの工作として、発泡スチロールをたくさん使い、想像力を膨らませて作品を仕上げることもできます
軽い素材でぶつけても痛くないのでたくさん集めて工夫を施すと、インテリアとしても活用できます。
本棚、置物としても使え、例え壊れても発泡スチロールを再度用意することで作成できるので非常に便利です。
捨て方も簡単ですが、手を加え、作品として完成させたり、子供のおもちゃとして与えることで斬新な感覚を味わえます。
通販サイトを通じて再利用するのも良し、スーパーに行くと無料で貰えるコーナーがあるのでそこから貰うことでも発泡スチロールを集められます。

Categories: ビジネス