樹木葬のメリットとは? 2017年10月12日

最近では、埋葬方法として、樹木葬を選ぶ方が増えていると言えるでしょう。これは、現代の日本で、徐々に広がっている埋葬方法であり、墓石を使わず、自然の草木などを利用して、そして埋葬するという方法になります。

比較的新しい埋葬方法としても知られていて、1999年から徐々に採用され始め、現在に至っています。
通常の墓石を使った埋葬とは違い、基礎工事なども必要がありませんし、さらに建設工事なども必要がないので、安い価格で建設することが出来るというメリットがあります。
さらに、周辺の環境にも負担がかからず、自然環境を守ることが出来るという点でも、この先はメリットが大きいのではないかとされています。
しかし、樹木葬にはデメリットもあると言えるでしょう。樹木葬は自然の草木などを使い、自然に近い形で埋葬をすることになります。このため、どうしてもお墓が荒れやすくなってしまったり、お参りが滞ってしまうことがあれば、雑草が茂ってしまったり、周辺が荒れてしまうことに繋がってしまいます。
こういった雑草を抜くという作業などが、とても大変であるというデメリットもあり、このあたりは墓石のお墓よりも少し大変であると言えるでしょう。

Categories: 生活と文化