解体工事にかかる金額はわかりにくい 2017年11月16日

普通は解体工事にかかわることは一般の人は少ないかもしれません。もともと自宅を持っていた人が改築や減築などするとき、また解体して土地を売りたいときに解体工事をすることになるというぐらいだと思います。家を買ったり、建てたりするときは解体作業がないこともあり持ち家の人が必ずしも解体工事にかかわるということはありません。

そういう機会が少ないこともあってこの解体工事にかかる金額というのがわかりにくいと感じます。実際には見積もりをとれば業者からすぐに解体工事にかかる金額を提示してくれるのですが声をかけるまでもないときにちょっと金額を知りたいだけのときもあります。ネットなどで少し調べると新築の工事と同じように平米単価や坪単価で地域ごとでいくらくらいかがわかるのでそれでおおよその概算なら調べることもできます。しかし、実際には設備に絡むと金額が大きく増えたりしますし、建築構造によっても違いがあります。車両などの入りにくい場合は工期が長くなったりしてそういう部分でも金額に影響することもあります。また意外に大きな差は業者によって金額が違うというところともいえます。最終的にはそれぞれの業者に見積もりをとって比較して検討するというのが解体工事の金額を知る確実な方法です。

Categories: 不動産