ACモーターの特徴について 2017年12月1日

現在の生活の中で、多くの原動力となるモーターは、無くてはならない存在ですが、最新小型ACモーターは、高性能で注目されています。ACモニターとは、交流電源と接続するだけで簡単に動力を得る事が出来て、インバータやスピードコントローラを使用すると速度を変えることも可能です。

コンベヤなどの多くの用途に利用できる最もシンプルで安価なモーターと言えます。ACモーターは堅牢で信頼性の高いモーターとして、Inductionである誘導の名の通り、電磁気の誘導作用によって回転力を発生するもので、回転磁界を作るステーターと、回転するローターの2要素から出来ています。ローターは回転する磁束について回る。回転磁界の速度を同期回転速度と呼び、実際の回転速度は、無負荷時でも回転磁界速度に対して少し遅れます。これは磁束が導体を横切ることで初めて誘導電流が発生し、回転力が生まれることに由来しています。モーターとコンデンサの関係としては、単相電源入力モーターでは、コンデンサを接続して、位相をずらした2相電源を作り出します。回転磁界を作ることでモーターを回転させているので、コンデンサをはずしてしまうと回転する磁束が生まれないため、モーターが回り始めないという現象が発生します。ACモーターは便利ですが、関係性を理解しておく事が肝要です。

Categories: ビジネス