相続の準備はお早めに 2016年2月28日

souzoku16ある程度の年齢になると「相続」について考えなくてはなりません。
相続するような資産がほとんどないと思っていても意外とあるものです。
何の対策もしていないと将来的に身内でのトラブルに発展しかねません。
早いうちから相続の対策をしておく必要があります。

まず最低限行っておくべき事は遺産相続について遺言書を残しておく事です。
遺言書を残しておけば相続人意外に遺産を渡したり、
特定の人に遺産が渡らないようにしたりと様々な形を実現できます。
しかし、遺言書には書き方があり正式な書式に則っていない場合は効力がなくなってしまいます。
弁護士に依頼して正式な遺言書を残すようにすると安心です。
遺言書は後から新規に書き直す事も可能ですから少し早いかな?と感じるうちから用意しておいた方が良いでしょう。

また、相続の対策は遺言だけではありません。
遺産の相続は生前でも可能となっています。
死後に一括で相続する場合だと税金がかかりすぎる事が少なくありません。
ですから節税という観点から生前の贈与を行う人も多いのです。
当然生きているうちに贈与するわけですから、
自分の意思のもとしっかりと相続させることができる点もメリットと言えます。
しかし生前贈与で税金が控除されるのは年110万円までです。
このため金額が大きい場合は数年にわたって贈与する必要があり、やはり早めの対応をしなくてはいけません。

どのような相続の対策を行う場合も早めに行うべきなのです。
相続トラブルは絶えませんからしっかり準備しておきたいものです。

Categories: 住宅