人々を惹き付ける湯西川温泉の魅力 2019年7月18日

栃木県日光市にある湯西川温泉は昔から平家の落人伝説が語り継がれてきた場所として知られています。伝説によると平安時代に源氏と平家の戦で負けた平家側の落人が偶然秘湯を見つけ出し傷を癒したとされており、その秘湯こそ湯西川温泉とされています。その伝説を証明するように今でも日本各地から多くの人がこの湯西川温泉を目指してやってくるのですが、実際の魅力はどうなっているのでしょうか。

まず魅力の一つとして挙げられるのが湯西川温泉の泉質にあるのではと考えられています。泉質はアルカリ性単純泉となっており効能として胃腸や皮膚病、筋肉や関節痛、四十肩、そして神経痛に効くとされており簡単にいえば日頃の疲れによる症状を取ってくれる効能が期待できるのです。それだけでなく皮膚の古い角質部分を取る働きがあるとされ温泉に入るとお肌がツルツルになる美肌効果も期待できるとされており、女性に支持されているのも魅力ではないでしょうか。
また湯西川温泉の周辺ではイベントが多く執り行われるのも魅力の一つで、毎年1月~3月の冬季イベントとして「湯西川温泉 かまくら祭」というスノーフェスティバルが開催され美しい湯西川温泉の自然を堪能できます。また平家の落人伝説にちなんだ「平家大祭」なるイベントも用意されているなど観光客を飽きさせない取り組みも、多くの人を惹き付ける魅力ではないでしょうか。

Categories: 旅行