介護タクシーについての私の見解 2020年2月14日

介護タクシーは高齢者に欠かせない乗り物だと私は考えてます。
現在デイサービスに勤務していますが利用されている方が多く需要が高いのはもちろん様々な意見を聞けます。
ドライバーの運転テクニックが問われ、さらに介護技術も必要とする難しい職業ではあると思いますがもっと浸透して増えてほしいと心から思ってます。

現在、高齢者ドライバーによる車両事故が増え超高齢化社会である日本で需要が高く、必要、重要視されており
それでもドライバー不足が問題だと思います。 国が高齢者政策に関して様々な提案を出しますがまだまだ緩く、労働と収入が見合わないといった点も問題視されている一つであります。
利用者さんの利用目的も様々で、近くに買い物に、美容室に、お出かけにとそれに合わせて迅速な対応、安全運転を心がけ目的地に正確にたどりつくのは脱帽ものです。
ただし、高齢者が高齢者を介護している現状もあるのでドライバーの為に何か政策が出ないかと思う部分もあります。
例えば、介護タクシードライバー志望には免許代一部免除等 不正な内容に3年以上など期間を決めて就業を条件にしたりするなどです。
これから先も需要しかない介護現場での介護タクシーは必要な職業であると思います。

Categories: 生活と文化