麻雀プロはすばらしい技術を身に着けられる 2020年3月15日

麻雀プロの方は多いですが、麻雀の人気増してますが、一般に特殊プロなどに比べて麻雀プロは知られてないのではとおもいます。麻雀プロになるには競技麻雀の団体に所属する必要があって、加入基準は各団体ごとそれぞれちょっとずつ異なり、競技麻雀のプロ団体は2018年時点で11団体あります。そして、加入条件異なりますが、すべての団体で共通するのは麻雀強いとプロ団体に所属できるといったことではありません。麻雀強いことはもちろんのこと、特別な共通試験があるのではなくて、いろいろな要素もとめられるのです。マナー、ギャンブルではない麻雀の魅力、楽しさ伝えること、みる方楽しませられるかなどです。

強引な手を使うばかりだったり他の方の気分を害する世な発言をする方は、いくら強くてもプロとしてふさわしくありません。そして、競技麻雀のプロ団体にい所属する解き、各団体がする試験に受かる必要があって、団体により開催時期、回数ことなりますが、年1~2回開かれてることが多いです。気になる試験は、ほとんどの団体で書類や実技、面接がされて、筆記試験は麻雀に関する内容以外に一般教養を出題する団体があります。団体により一定期間通じ応募者の力をチェックしてスキルが基準ラインに達したと認められれば、やっと試験受けられたりします。麻雀プロを目指しましょう。

Categories: ブログ