観葉植物ギヌラの育てるコツ 2013年1月4日

観葉植物観葉植物ギヌラの葉の紫色か薄くなった。観葉植物ギヌラは日光を好む植物なので、日陰に置きすぎると葉色が悪くなってしまう。真夏は西日を避け、それ以外の季節はできるだけ日光に当てる。肥料を与えすぎても紫色が薄くなるので、多くは与えないようにする。サルメントーサのつるか伸ひすぎた。2年くらい植えたままにして順調【こ生育した株は、つるが伸びすぎ、植え替えと整枝が必要になる。株を鉢から抜き、鉢の周りの土を3分の1くらい落とし、ひとまわり大きな鉢に植え替える。その際、伸びすぎたつるは、少し整枝して短くする。切ったつるは、さし木することができる。さし穂の切り口は半曰くらい乾かしてから、
川砂や鹿沼土などのさし床にさし木する。十分水やりし、明るい日陰に圖き、以後、水やりは表土が乾いたら与える程度でよい。観葉植物ギヌラ アウランティアカの下葉が葉ちた。根詰まり、根腐れ、水切れなどで根を傷めると、下葉が落ちて観賞価値が下がってしまう。株元の5~10cmで切り詰め、根土を少し取り除いて植え替える。切った茎葉はさし穂として使用してもよい。

Categories: ブログ